MainImage

Q&A

Q.何歳から診療が可能ですか?

A.外出できる年齢から診療いただけます。理想的な年齢は、上下の前歯が生えてきた1歳頃です。むし歯だけでなく、舌癖や噛み合わせのチェックをお受けいただくために、この頃に一度受診されることをおすすめします。

Q.子どもの治療に付き添えますか?

A.2歳までは泣いてしまうため、親御さんに横に座っていただき手を握ってもらいながら診療することで安心できるかと思います。3歳を過ぎた子は一人で治療をお受けいただくことが多くなります。周りに同じ年齢のお子さんがたくさん治療していますから、自立心が育ち心の成長にもつながります。

Q.治療中に、水や薬を飲み込む危険性はありませんか?

A.当院では、ラバーダムというゴム製のマスクを使用して治療を行うため、お口の中にお水やお薬が入ることはありません。治療箇所に唾液がつかずにむし歯部分をしっかり把握しながら治療することができますし、お口の中に直接器具が入らないため、舌や歯ぐきを傷付ける心配もありません。

Q.歯の治療は痛いですか?

A.はじめて歯科治療を受けるお子さんに歯科医院のトラウマをつくらないためにも、痛さを軽減した治療を何より心がけております。麻酔をして治療を行っていますし、その麻酔を注入する際にも痛くない工夫をしておりますのでご安心ください。

Q.子どもが歯をぶつけてしまったのですが、どうすればいいですか?

A.ぶつけて歯が欠けた、抜けた場合はすぐに小児歯科にお診せください。外傷は早ければ早いほど予後は良好です。症状によっては一種のギブスのような固定装置が必要になる場合もあります。

Q.むし歯はどのように見つけるのですか。

A.最もむし歯ができ易いのは、歯ブラシの届きにくい奥歯の噛み合わせの溝や、歯と歯の間、さらには歯肉と歯の境目です。
この歯と歯の間にできるむし歯は外から診ただけではわからないことも多く、学校検診などでも見つかりにくいため、気が付いた時には神経まで到達している程おおきくなってしまっていたということもままあります。定期的に歯科医院にて検診をお受けいただくことをおすすめします。

Q.4歳まで指しゃぶりをしているのですが何か悪影響はありますか?

A.この頃まで続く場合、歯並びや噛み合わせに悪影響が出てしまいます。一般的に多いのは、前歯の上下が開いてしまう開口という状態です。見た目の悪さ、上手く物を噛んだり飲み込んだりできない、発音がしにくいといった、さまざまなデメリットがあるのです。当院では、癖を改善するトレーニングを行っていますので、ご相談ください。

Q.受け口の場合、永久歯まで治療を待ったほうがいいですか?

A.一言に受け口と言っても、上下の顎の形やズレが原因の「骨格性」、歯の生え方や方向が原因の「歯性」、癖や習慣が原因の「習慣性」の3つがあります。どの原因かによって治療方法も開始時期も異なりますので、まずは歯科医院にて正しい診断をお受けください。

Q.永久歯の前歯が大きくて歯並びが心配です。

A.子どもの成長の過程で、顏は大きくなってゆきますが、一方、残念ながら歯ぐき(歯槽堤)は側方へはわずか数ミリしか大きくならないというデータもあります。ですから放置しておいては歯の重なりが改善する可能性は少ないのです。当院では前歯が出始めた頃から、夜間のみ使用する取り外し装置を使って、歯ぐき(歯槽堤)を広げ、前歯に必要なスペースを作ってゆくという小児歯科育成矯正という方法も行っています。

マリン小児歯科クリニック tel:0467-86-2334 まずはお気軽にご相談下さい