むし歯治療|茅ヶ崎の歯医者「マリン小児歯科クリニック」

むし歯治療

できるだけ抜かない・削らない治療で
歯の寿命を守ります

当クリニックのむし歯治療

当クリニックでは、「できるだけ削らない、抜かない治療」を心がけています。一度削ってしまった歯は、二度と元には戻りませんし、むし歯を引き起こすリスクも高くなってしまいます。成人のむし歯治療は、以前に治療したむし歯が再発したり、詰め物が取れたなど、治療した歯の不具合が圧倒的に多いのです。

そうして治療を繰り返していくうちに、歯の寿命がどんどん短くなってしまいます。だからこそ、子どものうちから最低限のむし歯箇所のみを削ることや、なるべく抜歯をせずに歯を残すことを考えて治療してまいります。

乳歯のむし歯について

乳歯はどうせ永久歯に萌え変わる歯だから、むし歯になっても構わないと思っていませんか?実は、乳歯のむし歯はその後萌え変わる永久歯の健康に大きく悪影響を与えてしまうのです。

そのため、乳歯のうちからしっかりとお口の中のケアをして健康な状態を保つこと、そして、むし歯になってしまった場合は再発しないようにしっかりと治療することが大切です。そうすることで、むし歯になりにくい健康で丈夫な歯をつくることができます。

安全に治療を行うためのこだわり

むし歯治療やシーラントを行う際、安全で確実な治療のため、ラバーダムというゴムのマスクのようなシートを使用します。シートに穴を開けて、治療する歯とその隣の歯をシート上に出して治療をします。喉に物が落ちない、粘膜や舌を傷つけない、感染予防になる…など。
小児歯科専門医にとって、このラバ―ダムは必須のアイテムです。このバラバ―ダムを使っているかどうかで、そのDRが小児歯科の専門的なトレーニングを受けたことがあるかどうかわかるぐらいです。お口の中を安全に守ることができます。口や鼻はふさがっていないため、問題なく呼吸もできますのでご安心ください。

ラバーダムを使用するメリット

  • 唾液が治療中の歯につかないため乾燥状態を保つことができ、確実な治療ができる。
  • 低年令児でも、泣いているお子さんも安全な治療が行える。
  • 器具などが口に落ちないため舌や唇を傷つける恐れが少ない。

「痛い場所」「怖い場所」
お子様にトラウマを作らない歯科治療を

はじめて歯科治療を受けられるお子さんに、「歯医者さんは怖いところ」「むし歯を治すのは痛い」というトラウマをつくってしまうと、大人になってもなかなか歯科医院に足を運べなくなってしまいます。
そこで当クリニックでは、「痛くない治療」を何より心がけております。局所麻酔を用いた治療はもちろんですが、その麻酔を注入する際の麻酔針のチクっとした痛みを軽減するための小児歯科的な工夫もしています。患部に表面麻酔を塗って、さらに粘膜下注射をすることで患部が麻痺し、ほぼ痛みを感じずに治療ができます。