RAMPAセラピー(顎顔面口腔育成治療)|茅ヶ崎の歯医者「マリン小児歯科クリニック」

RAMPAセラピー(顎顔面口腔育成治療)

お子さんのイビキ、
鼻詰まりや口呼吸でお悩みの方へ。
新しい顎顔面口腔育成治療を行っています

子どものイビキ、鼻詰まりや口呼吸、気になりませんか?

近年、お子さんのイビキや鼻閉、口呼吸などの耳鼻科的な症状に悩んでいる保護者の方が増えています。これは、人類の顎が小さくなるにしたがい、下顎(乱杭歯)ばかりでなく、上顎も小さくなってきているため、鼻の中も狭くなり鼻呼吸がしにくくなるという(特に日本人など短頭形のアジア人種は)問題が発生しがちです。

口呼吸が睡眠時無呼吸症候群などの状態へ

普段から口を開けて口呼吸をせざる負えない状態が続きますと、睡眠時の頻繁なイビキ、息が止まるなどの問題が発生し、無呼吸症候群などの重篤な状態になってゆくのです。このような慢性的な呼吸問題を持っているお子さんの特有な症状として、先ほどの頻繁ないびきや口呼吸、年中の鼻詰まり、姿勢が悪い、アデノイド顔貌と言われる力のない特有の顔、目の下の隈、鼻血が出やすい、寝相が悪い、嘔吐しやすい、落ち着きのない行動など、多岐にわたります。

大人の無呼吸症候群は、歯科で作製するマウスピースや、呼吸補助のシーパップ治療、重症例では手術が選択されますが、小児での呼吸障害に対する歯科的治療法は非常に少ないのが現状です。

顎顔面口腔育成法について

当クリニックでは、顎顔面口腔育成治療(RAMPAセラピー)を行っています。これは、顎外ならび口腔内装置を用いて、お子さんの成長の力を利用して顔を正しい成長方向へ誘導する治療です。これによって気道を広げてイビキ、鼻詰まり等の耳鼻科的問題を改善し、口腔内を広げることから歯が並ぶスペースも確保し、歯並びの悪さを改善することができるのです。
通常の矯正治療は歯並びや噛み合わせを改善することが目的ですが、この治療は顔面中央部の前方成長を骨格ごと促すことができる、小児歯科特有の治療法と言っても過言ではありません。

顎顔-面口腔育成研究会

顎顔面口腔育成治療のメリット

  • イビキや鼻閉、口呼吸などの耳鼻科的問題が改善できる
  • 歯並びや正しい噛み合わせを実現できる
  • お顔の印象がシャープになる

装置について

お口の中に装着する装置と、外からお顔に取り付ける2つの装置を用います。口腔内装置は24時間装着していただく必要がありますが、顎外装置は1日10~12時間程度(約3カ月間)の装着ですので、外出時には外していただけます。

装着期間

口腔内装置:3~5年、顎外装置:2~3ヵ月を1クール(夜間に使用)に数回。
※いずれも個人差があります